Top > 親権とは > 親権ってなに?

親権ってなに?


未成年の子供がいると、
離婚のときに必ず問題になるのが親権。

親権っていったいなんでしょう。
親権がなければ子供との関係はどうなるんでしょう。

「親権」は読んで字のごとく「親の権利」です。
法律で決まっている子供に対する「親の権利」とは、
・子供と同居して保護し教育などの日々の世話をする権利
・子供の財産を管理する権利
の二つがが主な内容です。

夫婦の間に子供が生まれれば、
自動的に父母双方が親権者になります。

家族として同居しているなら、
法律などを意識せず日々の生活の中で行っていることですが、
離婚をして親権者にならかなったらこの権利を失ってしまいます。

しかし日本の法律では、
離婚成立のためにはどうしても一方を親権者にしなければなりません。

離婚届に親権者を記載しなければ受け付けてもらえないのです。

では、もともと未婚の母だった場合はどうなるのでしょうか。

母親には分娩の事実があるので、
最初から母だけが親権者になります。

その父親が親権者になるには、
認知して法律上の親子関係が認められてから、
父母の間の協議などで父親を親権者とすることができますが、
結婚しなければ共同で親権者にはなれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所