Top > 親権とは > 内縁関係と親権

内縁関係と親権


父母が内縁関係のとき、親権はどうなっているのでしょうか。

内縁関係はは法的には夫婦ではありません。
でも、夫婦関係に準じるものとして、
ある程度法的に保護されています。

しかし、内縁関係の親権については、
婚姻届を提出している夫婦とは決定的な違いがあります。

それは、内縁関係の夫婦の子供は、
母の戸籍に入っていて、親権者は母のみで、共同親権では
ないということです。

では認知してもらえば、共同親権になるのでしょうか。

父親が子供を認知すれば、法的に親子になります。
扶養義務が生じますし、父親に万一のことがあれば相続人に
もなります。

しかし、法的に親子になったとしても、
親権者になるわけではありません。

内縁関係を解消するときには、
母親が単独親権ですから、親権でもめることはないでしょう。

また、父親を親権者にするときは、父母で協議を行うか、
家庭裁判所で父親を親権者と決めてもらいます。

内縁関係の父親が親権者になっても、
子供は母親の戸籍に入ったままです。

父親と同じ戸籍にして、同じ姓にするには、
「子の氏の変更申立て」をして家庭裁判所の許可を得ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所