Top > 親権とは > 親権と監護権

親権と監護権


通常「親権」といえば「監護権」も含まれます。

監護権とは
「実際に子供と同居してその世話をする権利」
のことです。

親権と監護権を分けときには、
「親権は子供の財産を管理する権利」
ということになります。

親権と監護権を分けて考えるのは、どのようなときでしょうか。

例えば、父親も母親も親権を主張しているとします。
今まで子供の世話は主に母親が行ってきました。

父親も子供をかわいがっていましたが、
仕事も忙しく、親権者となって子供と同居しても、
とても世話をしていくことはできません。

しかしやはり子供をどうしてもあきらめきれない・・・

よくあるケースではないでしょうか。

子供にとっては父母ともに愛情を感じてくれているのですから、
しあわせなことに違いないのですが、
離婚の話し合いが長引くのは、
子供にも大きなストレスになってしまいます。

そのようなときには、親権と監護権を分けて、
父親に親権、母親に監護権を認めることができます。

父親が親権者であることで、親としての自覚を忘れることなく
養育費の支払いをきちんとこなす方が多いようです。

注意しておきたいのは、親権は戸籍に記載されますが、
監護権は記載されません。

監護権を確立しておかなければ、後になって親権者から
「子供の引渡し」を請求されることもあるかもしれません。

公正証書などの公文書に、
監護権が母親にあることを記載しておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所