Top > 親権とは > 親権と父親

親権と父親


親権を父母で争うとき、母親に認められることが多くなっています。

一般的に母親のほうが子供に接している時間が長く、
子供が小さいうちから母親から引き離すのは、
子供の利益にならないと考えられているからです。

父親だって最近は育児に参加しています。

仕事をやりくりして早く帰り子供と一緒に遊ぶし、
休日も朝から子供と出かけています。

母親よりも子供といる時間は長いのに、
離婚となれば親権はやっぱり母親が有利なんですよね。

納得できません!

お気持ちはよくわかります。
離婚して親権者でなくなってしまうことは、
お子さまと同居することができなくなることです。

父親も子供がかわいいのは母親と同じ。
でも、父親と母親とどちらが親権者のほうがよいのか、
ちょっと子供の目線で考えてみてください。

無用な争いは子供を傷つけるだけです。

親権だけが決まらずに調停や裁判になっては、
離婚に時間がかかるだけです。

どうしてももめる場合に解決の方法として、
面接交渉権をきちんと確保すること、
親権と監護権を分けて決めることなどが考えられます。

一番に考えなくてはならないのは子供のことです。

父親と母親が離婚をすることは、子供にとっても大きなストレスです。
その上自分のことで二人が争っているということになれば、
精神的な影響も避けられないでしょう。

別々に暮らしていても、親権者でなくても、
父親と母親は協力して子育てしていくべきものです。

父親として協力できること、
父親でしかできないことはたくさんあります。

離婚後も子供に対して父親が十分に愛情を示せるように
考えるべきだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所