Top > 自分の子供でない子の親権 > 夫の愛人の子の親権

夫の愛人の子の親権


もしも、夫に愛人に子供生まれたら、
その子供の親権はどうなるのでしょうか。

妻としては不安ですよね。

愛人の子はいわゆる「非嫡出子」です。
法律的に婚姻している男女の間の子ではないからです。

子供の母親には、分娩の事実があるので、
親であることは間違いありませんから、
親権者は母親ひとりになります。

父親であるあなたの夫が仮に認知しても、親権者は母親のみです。

夫の愛人の子の親権は、愛人が持つのです。
認知したかどうかは関係ありません。

ただ、認知をすれば、
父母の協議で父親を親権者とすることもできます。
しかし、婚姻中の父母から生まれた子のように
共同親権になることはありません。

認知をすれば、夫の愛人の子の父親であることが法的に認められます。

親権のあるなしに関係なく、
夫には子供を扶養する義務が発生し、
子供は相続人になります。

認知をすれば、夫には子供の扶養義務として、
養育費を支払わなくてはなりません。

夫の収入から支払っていくことになりますので、
ある程度の経済的な打撃は避けられないと思います。

不貞行為は、法定離婚原因です。
夫が離婚に反対して、泣いてあやまっても
慰謝料をもらって離婚をすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

自分の子供でない子の親権

配偶者以外の異性との間に子供ができてしまった
とき、妻と夫では対処の仕方が違います。

もしも配偶者に他人との子供ができてしまったとき、
どうしたらよいのか、わかりやすく説明しました。


関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所