Top > 自分の子供でない子の親権 > 妻が愛人の子供を妊娠したら

妻が愛人の子供を妊娠したら


妻が愛人の子を妊娠したら、
夫は知らん顔をしているわけにはいきません。

離婚さえ成立すればすむ、というものではないのです。

妻が婚姻中に妊娠した子供は、
愛人の子であっても自動的に夫の子と推定されます。

つまり出産をすれば、
夫と妻の子供として戸籍に記載されることになります。
従って、その子供は、夫と妻の共同親権になります。

また、妻が愛人の子を妊娠した後に離婚しても、
300日以内に生まれた子供は、
離婚をする前に妊娠したと推定されて、
夫の戸籍に記載されてしまいます。

戸籍に記載されるということは、
親として扶養義務を負うということです。

他人の子供であっても、
養育費の支払いなどが必要になります。

このような事態を避けるためには、
夫から、「嫡出否認の訴え」によって父子関係を否定する必要が
あります。

「嫡出否認の訴え」ができるのは、夫だけです。
妻や、実の父親の愛人、子供本人もすることができません。

これには、夫が子供が生まれたことを知ってから
1年以内に訴えなければならないという期限が決められています。

いちど妻と愛人の子供を自分のことして承認すれば、
それを覆すことはできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

自分の子供でない子の親権

配偶者以外の異性との間に子供ができてしまった
とき、妻と夫では対処の仕方が違います。

もしも配偶者に他人との子供ができてしまったとき、
どうしたらよいのか、わかりやすく説明しました。


関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所