Top > 親権でもめたとき > もめたら、行政書士に相談

もめたら、行政書士に相談


親権でもめたとき、
本やネットで調べても、一般的なことが書いてあるだけで、
結局自分たちのケースはどうなのか?ということがあります。

いきなり弁護士に依頼するのは、費用も心配だし、敷居も高い。

けど、話し合いは有利に進めたい。
親権についての知識もあまりないし・・・

こんなときは、行政書士に相談してみることがお勧めです。

行政書士の仕事は、いわゆる書類作成です。
離婚にも書類が必要ですね。

行政書士に相談すれば、離婚協議書を作成したり、
公正証書の原稿を作成したりする過程で
離婚の相談にのってくれます。

離婚協議書や公正証書は協議離婚の時には必要です。

親権に絡んでも養育費、監護権、面接交渉権など
重要な事項があります。

口約束や個人的に判をついて作ったような文書では、
後から取り返しのつかないことになってしまうこともあり、
実際に困っている方も多いのが現状です。

後悔しないために、
きちんとした公文書を作成しなければなりません。

今では、たくさんの行政書士がHPを作っています。
信頼できる方が見つかれば思い切って相談してみましょう。

弁護士ほど費用はかからないことが多く、
弁護士の扱わないような小さな案件でも
いやな顔をしないで、親身になってくれます。
近所の行政書士に相談しても、秘密はきちんと守ってくれます。

行政書士は、身近な法律家です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権でもめたとき

親権が決まらなくて、離婚ができない。
そんなこともあります。

親権を争うときに不利になるのは
どのようなときなのかをわかりやすく
説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所