Top > 親権でもめたとき > 経済的に有利でないと親権者になれないの?

経済的に有利でないと親権者になれないの?


親権者になれば、子供を育てていかなければなりません。

日々面倒をみていくことになりますし、
教育をする権利があると同時に、義務も負います。

ここで、少し考えてみると、

お金、がかかります。

親権者になるということは、経済的な負担も生じるということです。

でも必ず経済的に有利なほうが親権者になるというわけではありません。

経済的なことは、養育費でカバーできる部分です。

子供は、親と同じレベルの生活をおくる権利があります。

たとえば、離婚して、母親が親権者となり子供と家を出た後で
父親が事業に大成功して、大金持ちになったとします。

父親は贅沢三昧に暮らせるのに、子供はろくに学校も通えない。

こういうことは許されません。

父親にも資力に見合った養育費を支払い、
同じレベルの生活を送れるようにしなければならないのです。

同レベルというのは、日々の贅沢な暮らしというわけではなく、
学歴などすべての面において親と同じレベルということです。

収入がないから、借金があるから、ということで
親権をあきらめる必要はありません。

その代わり、養育費は必ずきちんと受け取れるように
公正証書や調停調書を作成して、
万一のときには強制執行ができるように対策をとっておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権でもめたとき

親権が決まらなくて、離婚ができない。
そんなこともあります。

親権を争うときに不利になるのは
どのようなときなのかをわかりやすく
説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所