Top > 親権でもめたとき > 浮気をしたら親権者になれないの?

浮気をしたら親権者になれないの?


自分の浮気が原因で、離婚をすることになってしまったけれど、
自分は親権者になれないの?

浮気をしたから、といって親権者になれないということはありません。

浮気(体の関係がある不貞行為)は、
配偶者に対しては不法行為になって、
離婚の原因として法律で認められています。

しかし、浮気をしたことと、親権とは本来は関係のないことです。

ただ、親権でもめることになったときに、
浮気をしたことを責められる可能性はあります。

もし、浮気相手と会っている間に
小さい子を一人でほったらかしにしておいたり、
夜な夜な遊びに出かけるなどして、
育児を十分に行っていない事実があれば、
親権者としてふさわしくないと判断されることも考えられます。

浮気をしてしまったとしても、
子供に対しては十分に愛情を示し、
離婚後もきちんと育てていけるようなら、
簡単に親権を譲ってしまうことはありません。

あなたが母親で子供が乳幼児であれば
「母親が親権者であるほうが、子供の利益になる」
という判断がされる可能性は高いと思います。

養育費の請求もできます。

浮気をしたからといって親権者になれないのではなく、
浮気をしていることで、
子供の養育を怠っているのなら、
親権者としてはふさわしくないということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権でもめたとき

親権が決まらなくて、離婚ができない。
そんなこともあります。

親権を争うときに不利になるのは
どのようなときなのかをわかりやすく
説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所