Top > 親権でもめたとき > どちらも親権を譲らないときは

どちらも親権を譲らないときは


離婚については、夫婦で同意ができていても、
親権者が決まらなければ離婚は成立しません。

どちらか一方が親権を譲らなければ、離婚ができませんね。

どちらも親権を譲らないで決まらないのであれば、
ちょっと他人の力も借りてみましょう。

家庭裁判所の調停を申し立てることで、解決できる場合があります。

家庭裁判所といっても、
裁判と違って調停では弁護士を立てなくても大丈夫です。

また、かかる費用も切手代や印紙代くらいなので、
経済的な負担も少なくて済みます。

夫婦の話し合いの延長ですが、
調停委員が中に入って話を聞いてくれますので、
感情的になることもありません。

何度か話し合いを重ねて、お互いが納得できれば
調停が成立ということになって調停調書が作成されます。

ただ、家庭裁判所で行われるものですので、
平日の昼間が期日になります。

調停は大体月に一回程度の頻度で行われることが多いので、
働いている方には負担が生じます。

また、原則として相手の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てるので、
相手が遠方にいるときは、
期日に出頭する時間がかかる上に、交通費も必要かもしれませんね。

それでも、どちらも親権を譲らなくて不調に終わったときは審判が行われ、
家庭裁判所がどちらかを親権者に決めてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権でもめたとき

親権が決まらなくて、離婚ができない。
そんなこともあります。

親権を争うときに不利になるのは
どのようなときなのかをわかりやすく
説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所