Top > 再婚と親権 > 親権者の再婚と、親権者でない親

親権者の再婚と、親権者でない親


親権者が再婚することになったら、
親権者にならなかった親はどうなるのでしょう。

親子関係がなくなってしまうの?

そんなことはありません。
あくまでも実親であれば、親としての義務を負います。

子供と結婚相手が養子縁組をすれば、
実親の扶養義務は二次的なものになりますが、
なくなるわけではありません。

養子縁組が解消されれば、また実親が主に扶養義務を負います。

親権者の再婚を理由に、親権者の変更ができないの?

親権者を変更するのは、家庭裁判所に申し立てる必要があり、
簡単に認められません。

親権者が再婚するという理由だけでは、まず認められません。
そのほかに、子供の養育に問題があるなどが必要です。

経済的も、精神的にも安定し、
よい環境で子供が育っているといえるときは、
親権者は面接交渉権の拒否をすることもあり、認められます。

新しい親との生活を大切にするほうが、
子供利益になるという判断です。

親権者でない親にとってはつらいことかもしれません。
子供のしあわせのため、と思ってもなかなか納得できないと思います。

必要であれば、養育費を支払うことなどで、
子供とつながっていることができます。

大人になれば、子供自身が理解してくれるときも来るでしょう。

会うことはできなくても、親権者との関係によっては、
成長の様子などを知らせてもらうことはできるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

再婚と親権

親権者が再婚をするとき、子供の親権は
どうなるのでしょうか。

また、親権者でない親と子供の関係は
どうなるかをわかりやすく説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所