Top > 再婚と親権 > 親権者が再婚するとき

親権者が再婚するとき


親権者が再婚するとき、子供はどうなるのでしょう。

通常親権者は子供と同居していることが多いので、
新しい配偶者と同居することになると思います。

しかし、親権者が再婚して、子供と同居することになっても、
当然に親の義務が発生するということではありません。

親権者が再婚しても養子縁組をしなければ、
子供とは法律的に親子にはなりません。

ですから、本来なら扶養義務もありませんし、
相続人にもなりません。

教育を受けさせる義務もありません。

実親に養育費の請求もできます。

養子縁組を行うと、教育を受けさせるなど、
親として扶養義務が発生します。
子供は相続人になります。

主に、子供を扶養する義務を負うのは養親になります。

しかし、しかしそのときも、
実親の扶養義務がなくなってしまうわけではりません。

なくなってしまうのではなく、
直接的に負うというより、二次的なものになるといえます。

養親の家庭が貧困に陥っているときは、
子供の生活についての援助は必要だと思います。

養子縁組をした子の実親がなくなったときには、
その子供は実親に相続人になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

再婚と親権

親権者が再婚をするとき、子供の親権は
どうなるのでしょうか。

また、親権者でない親と子供の関係は
どうなるかをわかりやすく説明しています。

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所