Top > 外国人との離婚と親権 > 外国人との離婚と親権(日本に住んでいる場合)

外国人との離婚と親権(日本に住んでいる場合)


日本に住んでいる外国人夫婦が離婚をする場合、
子供の親権はどうなるのでしょうか。

日本に住んでいる場合は、
相手が外国人であっても日本の法律に従って離婚します。

外国との法律関係は、
「法の適用に関する通則法」
というのがあって、それによって決まっています。

その32条に
「親子間の法律関係」に関する定めがあって、
子供と父又は母の国の法律が同じであれば、その法律が、
そうでなければ子供が住んでいるところの法律が適用されます。

つまり、父母とともに日本に住んでいるのですから、
日本の法律が適用されることになります。

国によっては共同親権になることがあったり、
父親が親権者になると決められていたりすることもあります。

しかし、日本の法律が適用になる以上、
それらは関係なく親権者を決めることになります。

外国人であっても親であれば、子供の扶養義務があります。
養育費も日本の法律で請求できます。

ただ、離婚をすれば、ビザなどの関係で帰国しなければならない
ケースもあります。

そうなると、養育費などの請求が難しくなる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

外国人との離婚と親権

国際結婚の方も増えてきました。
しかし残念ながら離婚になる方もあります。

そのとき、子供の親権はどうなるのでしょうか

関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所