Top > 親権と面接交渉権 > 祖父母の面接交渉権

祖父母の面接交渉権


もし、自分の子供が離婚することになって親権者にならなかったら、
おじいちゃんとおばあちゃんは孫に会えないのでしょうか。

親権者でない親の面接交渉権も、
法律で決まっている権利ではありません。
おじいちゃんやおばあちゃんまでもが、
面接交渉権を当然持っているとはいえないのです。

愛情をもって接してきた孫なのに、
まして同居などをしていたのであれば、
「会いたい」と思っても当然ですよね。

しかし、調停や審判となっても、おじいちゃん、おばあちゃんだけに
面接交渉権が認められることはとても難しいでしょう。

もし、どうしても孫に会いたいと思うのであれば、
親権者にならなかった親が会うときに、
一緒におじいちゃんとおばあちゃんも会える約束にしておくとよいでしょう。

ただ、親権者に黙って会うことは避けるほうがいいと思います。

面接交渉権は親権者との信頼関係なくしては成り立ちません。
面接交渉を行わせること自体、あまり快く思っていない親権者も多いのです。

おじいちゃんやおばあちゃんのわがまま
(もちろんそうでないときもありますが)で、
親権者にならなかった親が子供に会えなくなってしまうときもあります。

面接交渉権といっても、会うことだけとは限りません。

手紙やプレゼンとを送ることや、
ホームビデオなどを届けてもらうということも考えられます。

もちろんそのときも親権者が同意していることが前提です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権と面接交渉権

親権者にならなくても、
子供に会う機会は作ることができます。

その面接交渉権について
わかりやすく説明しました。


関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所