Top > 親権と面接交渉権 > 別居中の親の面接交渉権

別居中の親の面接交渉権


別居中の親の面接交渉権は認められないのでしょうか。

別居中の親の面接交渉権もある程度確保されるべきだと思います。

別居中といっても、
離婚が成立するまでは、親権者であることに変わりありません。

調停などを行っている場合は、
同居している親が別居中の親の面接交渉権を認めないこともあります。

特に認められにくいのは、親権を争っている場合です。

しかし、あきらめてしまわずに、調停委員に申し出てみましょう。

調停委員や家事審判官などが別居中の親の面接交渉権を認めても、
子供に悪影響がないと判断すれば、
同居している親を説得してくれることもあります。

別居中の親の面接交渉権を認めるということは、
子供が別居中の親を懐かしがって、
今までの安定した暮らしを妨げることにつながることもあります。

同居中の親としてみれば、連れ去られてしまうということも心配です。

ですから、会うことになっても、
自由に場所を決めることができるのではなく
家庭裁判所の調査官や弁護士が立ち会ったり、
家庭裁判所での面接になることもあります。

直接の面接交渉ではなく、手紙やプレゼントを渡すという方法もあります。

ただ、親権を望むのであれば、子供と離れてはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権と面接交渉権

親権者にならなくても、
子供に会う機会は作ることができます。

その面接交渉権について
わかりやすく説明しました。


関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所