Top > 親権と面接交渉権 > 親権と面接交渉権

親権と面接交渉権


親権者でない親が子供と会う権利のことを
「面接交渉権」といいます。

面接交渉権は法律で決まっている権利ではありませんので、
必ず認められるべきものと考えるのは間違いです。

また、面接交渉権は親権者でない親のためにあるのではなく、
あくまでも子供の利益と福祉のためにあると考えられています。

ですから、一方的に会いたいと思っても、
子供の都合によっては拒否されるということもありうるのです。

しかし、面接交渉権を拒否するには、
正当な理由がなければなりません。

例えば、
養育費を払わない
会えば子供に虐待を加える恐れがある
子供の教育上、あるいは精神安定上よくないなど、
いろいろあります。

また、再婚して新しい家族の中で安定した暮らしをしているのに、
今さら本当の親だといって出てこられても困る。
というのもあるでしょう。

あくまでも、子供の利益のためにある権利というのであれば、
これも仕方がないのかもしれません。

親権者でない親はつらいですね。

養育費は支払っているのに会えないということもあります。

でも会えないから養育費を支払わないということは主張できないのです。

義務をきちんと果した上での権利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権と面接交渉権

親権者にならなくても、
子供に会う機会は作ることができます。

その面接交渉権について
わかりやすく説明しました。


関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所