Top > 親権とは > 監護権者の変更はできるの?

監護権者の変更はできるの?


離婚のときに、親権と監護権を分けることもあります。

親者権の変更は、
当事者の話し合いだけで決めるわけには行きませんが、
監護権者の変更は話し合いだけでもすることができます。

親権は戸籍に記載される事項ですが、
監護権は戸籍になどに記載されません。

一般的には親権者が監護権者を兼ねています。

親権者の変更は難しくても、
監護権者の変更は比較的簡単にできますので、
子供と同居して実際に育てていくことが目的であれば、
監護権者の変更を申し入れるとよいと思います。

ただ、注意が必要なのは、
監護権は本来は親権に含まれるあやふやな権利です。
その確保が問題です。

離婚後であっても、
父母の話し合いのみで監護権者を変した場合は、
必ず公正証書などの公文書で監護権を確保しておきましょう。

監護権者を変更しても、
口約束などで決めただけでは
将来、親権を理由に引き渡しを請求されることもあるのです。

そうなれば、親権者でないことで子供を渡さなくてはならなくなります。

子供のためにも、慣れた生活環境をまた変えるのはよくありません。

せっかく監護権者を変更して、
子供と同居できるようになったのですから、
監護権はしっかり確保しておくことがとても大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵に調査を依頼したいけれど、経験もないし料金もよくわからなくて不安だという方にオススメなのが「原一探偵事務所」です。 TV番組にもよく出ているのでご存じの方も多いと思います。無料電話相談でそれぞれの事情に合わせて相談に乗ってくれます。

相談無料24時間受付中 原一探偵

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




関連エントリー
運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所