Top > 親権とは

親権とは

子供がいれば、離婚のときに必ず問題になる「親権」。
親権についてわかりやすく説明しました。




親権とは一覧

親権ってなに?

未成年の子供がいると、 離婚のときに必ず問題になるのが親権。 親権っていったいなんでしょう。 親権がなければ子供との関係はどうなるんでしょう。 「親権」は読んで字のごとく「親の権利」です。 法律で決まっている子供に対する「親の権利」とは、 ・子供と同居して保護し教育などの日々の世話をする権利 ・子

親権ってなに?の続きを読む>

親権と父親

親権を父母で争うとき、母親に認められることが多くなっています。 一般的に母親のほうが子供に接している時間が長く、 子供が小さいうちから母親から引き離すのは、 子供の利益にならないと考えられているからです。 父親だって最近は育児に参加しています。 仕事をやりくりして早く帰り子供と一緒に遊ぶし、 休日

親権と父親の続きを読む>

主夫と親権

最近では「主夫」として家庭内の仕事を受け持っている男性も多いと思います。 「共働き」と違って「主夫」が離婚する場合、 親権はどうなるのでしょうか。 「父母のうちどちらが親権者になるのが子供にとってよいのか」 という観点から考えてみます。 一般的には子供が乳幼児の場合は、母親を優先して考えます。 こ

主夫と親権の続きを読む>

親権と監護権

通常「親権」といえば「監護権」も含まれます。 監護権とは 「実際に子供と同居してその世話をする権利」 のことです。 親権と監護権を分けときには、 「親権は子供の財産を管理する権利」 ということになります。 親権と監護権を分けて考えるのは、どのようなときでしょうか。 例えば、父親も母親も親権を主張し

親権と監護権の続きを読む>

内縁関係と親権

父母が内縁関係のとき、親権はどうなっているのでしょうか。 内縁関係はは法的には夫婦ではありません。 でも、夫婦関係に準じるものとして、 ある程度法的に保護されています。 しかし、内縁関係の親権については、 婚姻届を提出している夫婦とは決定的な違いがあります。 それは、内縁関係の夫婦の子供は、 母の

内縁関係と親権の続きを読む>

親権と別居

離婚をする前に別居している方もいらっしゃると思います。 正当な理由があれば、離婚をする前に家を出ても、 離婚交渉に不利になることはありません。 しかし、親権を得ようとするのであれば、 子供と同居しておく必要があります。 子供が小さいうちは、 家庭裁判所でも母親を親権者として指定することが多いのです

親権と別居の続きを読む>

親権者と子供の姓

父母が離婚して、仮に母親が親権者になったとします。 結婚して改姓していたときは、 離婚して旧姓にもどるか、 父親と同じ姓をそのまま名乗るかを選択できます。 でも、親権者なることと、子供の姓とは関係ありません。 親権者となった母親が旧姓にもどって、 戸籍を離れても、子供は父親の戸籍に残ります。 また

親権者と子供の姓の続きを読む>

親権者の変更はできるの?

安易な気持ちで相手を親権者としてしまったけれど、 子供のことを思うと心配で夜も寝られない。 親権者を変更できないか。 子供がいれば、一度は誰でもこう思うかもしれません。 離婚のときには、 夫婦で話し合って親権者を決めることができました。 しかし離婚後では、 父母が話し合って親権者の変更することはで

親権者の変更はできるの?の続きを読む>

監護権者の変更はできるの?

離婚のときに、親権と監護権を分けることもあります。 親者権の変更は、 当事者の話し合いだけで決めるわけには行きませんが、 監護権者の変更は話し合いだけでもすることができます。 親権は戸籍に記載される事項ですが、 監護権は戸籍になどに記載されません。 一般的には親権者が監護権者を兼ねています。 親権

監護権者の変更はできるの?の続きを読む>

親権者が死んだら

離婚して親権者となったけれど、 もし自分に何かあったらこの子はどうなってしまうの? 親であれば心配なことですね。 親権者が死んでしまったら、「親権を行う者がないとき」になって いわゆる「後見」がはじまります。 親権者が死んでも、 自動的に親権者でなかった親に親権が移動することはありません。 しかし

親権者が死んだらの続きを読む>

運営者情報
管理人自己紹介
お問い合わせ


リンクについて
リンク集
相互リンクについて


管理人お気に入りサイト
google
ニュースキン
オールアバウト離婚
裁判所